ホーム > 採用情報 : 社員より

ジェネシスで働くスタッフの声をご紹介します。

私は入社前10年ほどフリーランスでした。ジェネシスと知り合ったのは、その営業をしていた時。幸い、お仕事をお手伝いすることになり、次第にジェネシスに魅力を感じてきたのです。最も好感を抱いたのは、社内の雰囲気でした。社長や役員を含め、一体感があり、コミュニケーションが良くとれていること。「社員として、やらないか」と声をかけられた時はうれしかったですね。今は某省庁のシステムの機能設計とメンバーのマネジメントを中心に取り組んでいます。もっと大きなプロジェクトを動かすことが今の目標。そのためにメンバーのレベルアップと、自分自身もゼロからシステムを構築できるように力をつけたいと思っています。

私のジェネシスに対する最初の印象は「ずっと技術に携われる会社」。説明会で社長や役員の方たちの話を聞いた時にそう感じ、入社を希望しました。実際に社長も私の上司である取締役も「経営陣」というよりは、現場に近いエンジニア。直接教えていただける機会もたくさんあります。現在は某省庁のシステム構築に携わり、少しずつ自信をつけてきました。入社時は、問合せがあっても常に上司宛でしたが、今では自分できちんと対応できるようになりましたし、取引先や協力会社の方にも名前を覚えてもらえるようになり、信頼されているのを感じています。また最近は資格も取得し、知識もだいぶ増えました。今は本当に仕事が楽しいです。

私は現在、某企業の基幹システムを担当しています。既存のシステムを改修したり、機能を追加していく業務ですが、直接エンドユーザーと話をしてカタチにしていくことに大きなやりがいを感じています。クライアントの状況を把握しながら「どんなシステムなら効率的か」を悩み、考えることは簡単ではありませんが、良いシステムに改修できた時はお客様からダイレクトに喜びの声を聞くことができ、その苦労も吹き飛んでしまうんです。ただミスがあれば、それもダイレクトに出てしまうので、プレッシャーはあります。ですから「もっともっと勉強しなくては!」と思っているところです。今年は昨年取得したOracleの資格のさらに上位資格取得にしチャレンジしたいですね。